1550nm 超狭線幅 DFB ファイバーレーザー 単一周波数レーザー

ベース価格: ¥748650円

選択して下さい:






数量. 
+-

1550nm 超狭線幅 DFBファイバーレーザー 単一周波数レーザー

超狭線幅単一周波数ファイバレーザは、希土類ドープファイバDFBレーザキャビティのユニークな構造を持つ低ノイズ単一周波数ファイバレーザである。単一ファイバレーザ光路の最適設計により、狭い線幅の単一作業を保証し、出力スペクトル線幅 60dBを超える出力スペクトラム・サイド・モード除去比。 同時に、独自の偏光制御技術とノイズ抑制技術を使用して、安定した直線偏波、単一縦モード、超狭帯域幅の単一周波数レーザ出力を実現し、位相雑音と強度雑音が極端に低くなります。

[特徴]
1. スペクトル線幅 ≤ 3KHz
2. 最大コヒーレンス長 > 100km
3. 安定したファイバ、DFB共振器構造
4. 高周波安定性
5. ハイサイドモード除去比
6. モジュールの耐震設計
7. 相対強度ノイズが少ない

[適用分野]
1. レーザ種子源
2. 音響センシング、水中聴音器
3. ファイバの分散センシング
4. コヒーレント光通信

[光学仕様] 

パラメータ 単位
中心波長 nm 1550
スペクトル信号背景比率 dB > 60
光波モード   単一縦モード連続波
出力(選択) mW 10mW / 20mW
偏光状態   直線偏光
偏光消光比 dB >23
偏光   99%
スペクトル線幅 kHz 3 (デフォルト) (10kHzはカスタマイズ可能です)
周波数不安定性 MHz <20 (15分),<100 (長期)
相対強度ノイズ @>3MHz dB/Hz <-110dB/Hz@ROF peak, <-120dB/Hz@1MHz
位相雑音@1-9.5KHz dB < -110
出力不安定 @>8時間   <1%
出力ファイバタイプ (選択)  

通常のシングルモードファイバSMF-28e(デフォルト)

偏波面保存ファイバPM1550

[環境と電源]

パラメータ 単位
電源 VDC 5
最大消費出力 W 10
ピグテール長さ m 1
出力コネクタ   FC/APC
動作温度 +5 ~ +40℃
保管温度 -10 ~ +60℃
相対湿度 % 0~80
サイズ (選択) mm 標準型: 240(W) x 85(D) x 25(H)
LCD液晶専門型: 260(W) x 320(D) x 120(H)

 

60dB DFB ファイバーレーザー



60dB DFB ファイバーレーザー


60dB DFB ファイバーレーザー
 

この商品は2018年03月05日(月)に登録されました。




LiveZilla Live Chat Software