レーザー情報

レーザー鍛造黒鉛アルケンの三次元構造

レーザー鍛造黒鉛アルケンの三次元構造

グラフェン通常とみなされる炭素原子の二次元構造は、単原子層の厚さをフィンランドから于韦斯屈莱大学と中国の台灣の研究者たちの共同見つかったグラフェン原子がレーザー鍛造割3次元オブジェクト。

研究者は、新型レーザに技術を書き込み、石墨アルケンの新製品を製造しているという。その研究の結果は『ナノ速報』で発表されている。グラフェン使える製造多種の電子と光電デバイス、例えばトランジスタ、光電探査機やセンサー。研究者は「未来将来は石墨アルケンの製品がもっと多い」と研究者は。」

三次元アーキテクチャー

石墨アルケンの新型三次元構造は安定し、2次元構造とは異なる電気と光学的な特性を持つ。研究者として「光学鍛造グラフェンの制造を含むグラフェン製品の3次元構造の道を開く。」研究チームは使用済みレーザー鍛造高60nmのグラフェンピラミッドより、一重グラフェン膜厚約200倍。

同研究チームのリーダーは于韦斯屈莱大学ナノ科学センターのまさみからPettersson教授は、「同技術と呼ばれる光学鍛造術のため、このプロセスをハンマーで類似を金属鍛造割3次元形態。私たちの研究では、レーザービームは、石墨アルケンを三次元構造の「ハンマー」にすることです。

Petterssonまさみから「同技術の長所は迅速かつ便利、必要のない他の化学製品や加工。この技術は操作が簡単で、私たちの意識がレーザービームがグラフェンなどで大きな変化の時、私たちは最初は驚いたが、後による現象発生の原因。」

びっくりする

同じナノ科学センターからのPekka Koskinen博士は「最初はすべての人はすべてとても驚いて、私たちの実験データ収集の意味がないが、その後実験と計算機シミュレーション、私たちを知る三次元形状の真実性とその形成メカニズム。」

 

結論

「ナノエクスプレス」の文章をまとめ、「類似グラフェンの原子薄膜材料は製造ナノメートル級の部品の最後の障害。これまで、すべての研究はずっと制限は平面の幾何図形のため、三次元形態はコントロールしにくい。」

既述の通り、鍛冶ハンマー鍛造割金属板を3次元の形態は、レーザービームをグラフェン薄膜材料ナノ尺度上鍛造割制御の3次元構造。その鍛造メカニズムにレーザーによるグラフェンの局部が膨らみ、によってすでにコンピュータシミュレーション弾性薄板理論証明。

 

Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close